トップ

敏感肌にミネラルファンデ

刺激の少ないミネラルファンデーション

肌に優しいミネラルファンデーション

肌のキレイな女性を見ると、一体どんな化粧品を使っているのだろう?と気になる事はありませんか?女性にとって肌はとっても大事ですよね。

私は、とても敏感肌で、色々な化粧品を使ってきたけれど、合わない化粧品が多く、肌の悩みが尽きません。特に、ファンデーションが肌に合わないことが多いのです。合わないファンデーションを使ったときは、肌になじまず、浮いているように見えます。また、かゆくなったり、赤くなってヒリヒリしたり、炎症を起こしてしまうこともあります。

いっそ、ファンデーションをしない方がお肌の為に良いのかもしれないと思い、ファンデーションをせずに過ごしていたこともあります。
でも、実はファンデーションをしないほうが、余計に肌にダメージを与えるらしいのです。

゛敏感肌の方の中には、「ファンデーションは肌に良くない」と日焼け止めのみを使用する方もいますが、炎症が起きている等の問題がない場合は、低刺激のファンデーションであれば使用しても問題ありません。
紫外線や、外的刺激から肌を保護する為にカバーをしておかないと、外出時に乾燥やアレルゲン、紫外線などにより赤みが出たりすることもあります。
出典:【医師が監修】敏感肌のメイク術(4)ファンデーションの選び方 | スキンケア大学

それに、素肌よりもファンデーションをしている方が、肌もキレイに見えるし、化粧映えもするので、なんとか肌に合うファンデーションに出会いたいですよね。
低刺激のファンデーションが良いようだけれど、一体どんなものが良いのか、調べてみました。

PR:ミネラルファンデーションについてはこちら

・ファンデーションのタイプは大きく分けて2種類

1つ目は、油分の少ない、パウダーファンデーションやルースファンデーション。これらは、コンパクトやケースに入っていて、スポンジやブラシを使って肌にのせるタイプ。
2つ目は、油分の多い、リキッドファンデーションやクリームファンデーション。これらは、液体状やクリーム状になっていて、カバー力が強いタイプ。

敏感肌の人には、最も油分が少なく、洗顔料のみで落とせるようなルースタイプのファンデーションが、肌への刺激が少ないのでオススメだそうです。
一方、リキッドやクリームタイプのファンデーションは、カバー力はあるけれど、肌に密着し、洗顔だけでは落ちない為、クレンジングの際に肌に負担をかけてしまうという理由もあり、敏感肌にはあまりオススメではないようです。

また、油分の少ない物でも、ファンデーションに含まれている面活性剤やシリコン等の添加物は、敏感な肌にとっては刺激になってしまうこともあるそうです。

油分が少なく、刺激になる添加物が含まれていないファンデーションとして、ミネラルファンデーションがあります。これが、敏感肌の私にとってはよさそうだったので、試してみることにしました。

゛天然の鉱物のみを使って作られたミネラルファンデーションは、シリコン、油剤などを含まないため刺激が少ないのです。
医療の現場で「肌の治療後すぐ使えるように」と開発されたことからも、本当に肌に優しいアイテムだとわかります。
出典:敏感肌向けファンデーション|選び方から肌に優しい商品まで解説

ミネラルファンデーションは添加物が含まれておらず、オイルフリーのものがほとんど
で、私のように肌の弱い女性にとってはおすすめだそうです。
実際に選ぶ際に、参考にすべきポイントをお伝えしますね。